SF商法(ハイハイ・睡眠商法)

市町村のリース終了品をオフィス付きで台数限定で!

熊日の折り込み広告で見たことありませんか?これは全国を転々としているアジア系外国人の方々が経営している会社で、
熊本だと流通情報会館など場所を借りて人を集めて販売されています。

特徴として、リース上がり品のNEC・富士通・東芝の法人モデルで、オフィスはマイクロソフトではない品(互換品)で、
1万時間以上使用されているハードディスクが搭載されています。

160GB HDD

写真はそこで販売されているパソコンに貼られていたラベルです。160GBと書かれています。
少し詳しい人ならすぐわかりますが、令和3年の今だと160GBならSSDに交換されている。と思い込んでしまいます。
ですが実際は使用時間1万超えた160GBのHDDが装着されているのです。