メモリを32GBに増やしても速くならないよ。

2年前に買ったパソコンが遅いので、メモリを32GBに増やして、不要なデータを消して速くしたい!
と考えるお客さまがいらっしゃいます。
これは何もかもNGな判断ですが、このような相談が月4-5回あります。
知らない人は本当に知らないので書いておきますが、メモリを32GBに増やしても起動は速くなりません。
リスクが増える上に逆に遅くなるかもしれません。2万くらいしますし。
2年前のパソコンがそんなに遅いという事は、HDDモデルを買っただけと思うので、
その1点だけ変更すれば改善します。
なぜ、こういう間違った判断が多いかというと、PCが壊れている・悪い、よく解らんけど。
と判断をしてしまう人が多いのです。
で、ネットで調べてみると、メモリを増やすと速くなるとか、不要なデータ消せば速くなるんじゃない?
と書かれているので、(詳しくないから)真に受けてしまうのです。
業界的、例えば量販店とか利益ありきの上場企業さんにとって、
メモリを32GBに増やしたい~と相談してくるお客さまは「鴨」なのでおもてなしされるでしょう。
データを消せば速くなる(かも)しれませんねぇー。という業者も多いかもです。
昨年、HDDが劣化して遅いだけなのに、メモリを32GBにふやしたい依頼が4-5件ほどありましたが、
全部断っています。
8・16GB搭載のノートPCを読み書きが劣化しているHDDのまま32GBに増やしてもOSの動作が速くなるわけがないのです。
もちろん説明はしますけどね。