予約制です!当日でもOKですが、外出している場合がありますので、お電話かLINE、✉にてご確認ください。(定休日 日祭日)

古いMacbookにOSがインストールできない理由

dateコマンドで直す 修理

ちょい前の2010年頃に発売されたMacbookに10.11や10.13をインストールする場合、OSのインストールに失敗することがあります。

Macは過去、OSインストールは問題がたくさんありました。

BuffaloのWiFi機器だと、インターネット経由で初期化できないとか、その場合はWiFi接続を有線接続に変更して試すとセットアップが進めるようになるなど、いろいろ問題があったmacOSという印象しか記憶になりません。

当店では2009年から2011年頃に発売されたMacbookを取り扱う場合が多く、その場合、プレインストールされているOSは10.11(EI Captain)ですので、合わせて初期化するのですが、そのままだと、OSのインストールができません。

何度やってもOSのインストールの終了直前で必ず失敗します。
この問題の解決方法は【パソコンの日付を過去に戻す】です。

ターミナルを利用して、コマンドで発売年の年月日に変更するとインストールが出来るようになります。

masOSのインストーラーを起動して、ターミナルを起動、dateコマンドで、EI Captainが発売された2015年の12月頃に日付を変更すれば、インストールが無事出来るようになります。

具体的には、ターミナルで【date 1231010115】と入力しエンター(Rerurn)キーを押せばOK
このコマンドを入力すると、パソコンの日付を12月31日01月01日(20)15年に変更することになるのですが、この状態だとOSがインストールすることが出来ます。

macOSロゴ

なんで2022年ではダメなのか?それはわかりません。