中古パソコンは買ってはいけない。

HDDの故障が原因のパソコンを修理中です。
 
独り言です。
 
普通のお店だと「修理するより買ったほうが早い」らしいですが、うちのお店は「買うより修理したほうが早い」です。
しかも安いし。
 
3万くらいの中古パソコンを買ったほうが安い?用途がはっきりしていればOKだとは思いますが、基本やめたほうがいいです。
 
中古PCは寿命が過ぎたHDDが搭載されたままだし、SSDだったとしても容量が小さい事が多い(SSD搭載!と書いて120GBの場合は使い物にならない。)
そんな中古PCを3万で買っても、設定もデータ移行も必要ですし、半年以内に壊れる可能性も高いのに、なぜ3万で買ったほうが安いし早いと思うのか?
という点を考えてほしいと思います。
 
もちろん、これは正論なので、私より身近な知人を信用する場合もありますし、感情的にそうしたい、考えるのが面倒だから..。という事もあるでしょう。
でも中古HDD搭載の中身はぼろい3万のPCを購入してしまい、遅い遅いと嘆きながら使用されることを思うと嫌な気持ちになります。
※PCが遅い=たくさんデータを入れているから!と勘違いしている人はこのパターンが多いと思います。
 
私は2010年に中古PC屋を退職しましたが、HDDが壊れかけの遅い中古PCを2-4万で販売するのが嫌になったからです。そんな気持ちで毎月100台販売したとしても、
どう考えてもお客様は商品に対しても接客に対しても満足はされません。売上ありきの社長は喜ぶでしょうが。
店員ができることは接客に対してお客様に満足していただける事だけになります。
 
2010年時点で10年後は中古PC屋は潰れるだろうと思っていましたが、現在もそれなりに生き残っているようです。
それだけお客様をだまし続けている/お客様が騙されている。という事になります。商売目線のお店はいつまで騙せるか、としか思っていないので、
お客様がご自身で知識をつけていかないかぎり、寿命が切れたHDD搭載の中古PC市場はこれからも続くでしょう。