2月25日(日)店舗内装工事の為 お休みします。

Wordの表示がOffice365に変わったのだが、課金されるのか?

つぶやき

量販店でワード・エクセル付きのパソコンを購入したお客様、

Word起動時の表示がOffice365になっていることに気が付かれました。

Office365って月払のやつなんですよね、これ請求きますか?と

相談がありました。

はっきりした記載はMicorosoftサイトで見つけられませんでしたので、私の調べた回答になるのですが、OfficePersonal+Premiumというパソコン同時購入でしか入手できない特殊なOfficeパッケージのみこの条件になるようです。

現在Officeの種類は大きく二通りあって、Office2016などの従来の買い切りタイプと、Office365の毎月払いのタイプがあります。

買い切りは最新バージョンが発売されたら、買い直さなければいけませんが、毎月払いは常に最新バージョンが使えます。

この2タイプとは別にパソコン購入と同時についてくるOffice+Premiumはパソコンを購入したら無償でOfficeが常に最新バージョンが使えるという品なのです。

このOffice+Premiumは特殊で、とても良い品ということなのですが、パソコンと同時に購入しないと入手できない、パソコンが壊れたら使えなくなる。という制限があります。

話がOfficeの種類になりましたので、もとに戻しますが、

今回、お客様のOfficeは、このOffice+Premiumであり、無料でOffice365のように常に最新が使える品です。

特別な品なので月額が発生するわけでもありません。

仕組み的にはOffice365と全く同品なのでWordの表記も365に変わったのだと思います。

このOfficePremiumという品はOffice365サービスといって、OneDriveやSkypeなどの付加機能が1年間無料で使えますという特典があって、この表記が混乱する原因の一つだと思われます。

なぜならば、一般的な普通のお客様はOneDriveの1TBに興味はいきませんし、Skypeの無料通話(月60分らしい)なんか使わないからです。

私達からみると、まあ、Micorosoftらしいトラブルだねという感じです。

Office365で作成したマイクロソフトアカウントでサブスクリプションを有効にしないかぎり(クレジットカードの登録など)課金はされません。