震災トラブル。衝撃でCPUファンの留め具が折れました。

熊本市中央区のマンション6階にお住まいのお客様。

デスクトップ画面が表示された直後、リセットがかかるとのことです。


今回の地震で本棚が倒れ、パソコンに直撃した事が原因との事です。


IMG 0410

内部を確認してみると、ホコリは溜まっていましたが、

ケーブル類は抜けていないようです。

IMG 0412

増設カードやメモリ、コネクタ類すべてOKです。


リセットする症状で一番多いのでCPUの「熱暴走」ですので、

CPUと冷却装置を確認してみます。


IMG 0415

見込み通りです!見づらいかもしれませんが、CPU冷却装置(CPUファン)の留め具が2個折れていて、

外れていました。


IMG 0422

4個ある白い留め具が2個、地震の衝撃で折れてしまったようです。

銅やアルミで密着して放熱する仕組みですが、折れることによって隙間ができてしまい、

CPUが熱暴走してリセットがかかったということです。

※CPUは一定の温度を超えると焼きつき防止の為リセットがかかる。(約100℃)


IMG 0421

市販品の冷却ファンに交換後、修理完了です。

ホコリも綺麗に落としました。