Docomoという企業がとにかく気持ち悪い。

FOMAの契約満了案内が届きました。

 

5.2万という大きな数字を表に出し、借金催促で使われるような色あいのはがきを送ってくる。

2年で5.2万は実際は安いけど、高い金額が書いてあるハガキがこんな感じで自宅に届くと高齢者は勘違いするかも。こんな事してまで契約がほしいのか。
日本人の高齢者はどうせ内容は読まないだろうし、慌ててショップに来るからどうにでも出来ると言う感じでしょうか。

3-4年前にAppleWatchをどうしても使いたくて10年以上ぶりにDocomoショップにやむを得ず行ったことが有りますが、本当にカルチャーショックを
受けたことがあります。

~でなければ行けないx10個くらい理由があってお店と本人がお互い対面しているのに契約も何も出来なかったからです。
ここは日本なのか?と思ったことと、やっぱり日本はだめだねって思ったことを覚えています。

店員さんたちも私が見た感じでは、悪いこと(効率が悪い?)と思っていないようでした。
※受付している女性陣ではなく、裏方の男たちのほうです。

Docomoみたいな民間ではあるけど、日の丸親方的な企業は潰れようがないのですが、文化的に電話という習慣がこの先無くなると思うし、
日本が世界だけでなくアジアでも弱くなってきていることはご年配の方々も理解しているようなので、きっと変わってくれることでしょう。

私はFOMAのカケホーダイプランを2026年まで使い続け、Docomo契約者の特権(たとえばDAZNが安いとか)を使い続けて
Docomoさんをイライラさせることでしょう。

あと5年もすれば通話文化が無くなることをおそれ、格安SIM業者さんも無条件通話定額が定額で利用できるようになると思うので、
その時は完全にDocomoとはお別れですね。