Paypalをかたるフィッシングメール

個人情報を盗み取るフィッシングメールですが、

Paypalも多いので、書いておきます。

 

個人情報を入力しない、というのは当たり前なので、書きませんが、

一番重要なことは、

慌てないこと。

違和感を感じ、嘘を見抜くこと。

慣れてくれば、怪しいメールと本当に重要なメールの区別は

簡単にわかります。

 

慌てないために、どうすればいいか?

まず、自分の手入力で、該当するページ(今回はPaypal)の

サポートページを確認することです。

Paypalの場合、メールのほか、電話窓口がありますので、

電話すれば確実です。

不安な時は、知人や家族に確認してもらうことです。

スクリーンショットを撮って、SNS(LineやTwiiter,Facebook)で

確認してもらうのもいい方法です。

相談する人がいない、個人情報目線で誰にも言いたくない、という

場合は、弊社(というか私)に相談して下さい。

アドバイスは無料です。

 

次に、

うそを見抜くこと。

これは、以外に簡単です。

こういうメールを作成するのは、日本人以外です。

ですので、まず、日本語がおかしいです。

翻訳を使っている日本語は、だいたい話し方が逆です。

(例)

危ないです、あなたは。

急ぎましょう、そして、速く。

です。

今回のPaypalメールだと、

「それは」と「今、」の使い方が変ですね。

 

そしてもう一つ、

日本人の表現は海外の人は当然ですが、わかりません。

今回だと、

日本人は普通にPaypal(ペイパル)と表現します。

ですので、送信者がカタカナで「ペイパルサポート」で

送信されている時点で、あれおかしいな?と

感じます。

 

メールを開いてしまう、パスワードを入力してしまう、

個人情報を入力してしまう。

これは、違和感がないので、相手を信用して

個人情報を入力してしまうということですが、

なぜ、

こんな日頃気をつけていることが、パソコンのメールというだけで

できなくなるのか、被害にあうのか?

これは、パソコンに対してみなさん難しいとか、

表示される項目に対し、従わなければ壊れてしまうのではないか、など

先入観があると思われます。

そんなことはありません。

たかがパソコンです。

別の例、私の例を例えると、

私は料理がそんな感じで苦手です。

でも、きっと簡単だろうと思います。(味は別データ

毎日料理を作ってくれるお母さんたちからみると、

とりあえず作ってみろ!と言われると思います。

でも私(を含め料理が苦手な男性陣)はそれができないんです。

うまくいえませんけど。

パソコンに対して構えてしまう人も

そんな感じかと。