Windows10でメモリ不足と表示される場合の解決方法

Windows10のトラブルで、メモリが不足していると表示されるトラブルも

多いので、書いてみました。

8GBもあるのに、不足していると表示されるのはなんで?

と質問されることが多いのです。

私は毎回「パソコンは計算は速いけど頭はちょっと良くない」と答えています。

なぜならば、パソコンは自分で考えて動くのが苦手、というか出来ないからです。

命令に忠実に従うのみです。

人間でも同じような人いるかもです。

 

あ、でもAIとパソコンが組み合うと、「計算が早く悪賢い」んでしょうね。

というか、人類がAIに支配されるなど現実になりそうです。

 

話がそれましたが、Windows10のメモリ不足表示も確実に解決する方法があるので、

書いていきます。※本当に足りない場合は別。その場合はメモリを増設すればOK。

 

 

まず、

 

 

スタートメニューを左クリックして、コンピューターの管理を左クリック。

 

 

クリックすると、右側に書いてある「システム情報」をクリック(画像の赤丸)

 

 

その次は、左側にある「システムの詳細設定」をクリック。

 

システムのプロパティが表示されるので、詳細設定のパフォーマンスの「設定」を左クリック(赤丸)

 

 

ここからが重要です。

パフォーマンスオプションが表示されているので、そこの

詳細設定の仮想メモリのとこの「変更」を左クリック。

 

わからなくなったら、最初からやり直してみてください。

 

 

 

仮想メモリが表示されたら、

「すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する(A)」のチェックを

はずしてください。

 

 

チェックをはずしたら、中央やや下にある「システム管理サイズ」にチェックがついていることを

確認して、「OK」を左クリックしてください。

このあと、なんどか「OK」を繰り返して押して画面を閉じれば完了です。

 

これで、Windows10の「メモリ不足」問題は解決です。