電源スイッチ修理

電源スイッチ修理修理

電源がだんだん入らなくなった!とお困りのお客様からご依頼がありました。

電源が入らない場合、電源・電池がらみのトラブルが一番多いのですが、電源スイッチが壊れている場合もたまにですが、あります。

電源が入らないときは、まず、ねじ回しのプラスドライバーを使い、スイッチ部分のピンをショートさせて、パソコンの電源が入るかどうかを確認します。もし、ここで電源がはいるなら、電源スイッチの部品の故障です。

今回は、ドライバーを使ったら電源が入り、Windowsが起動したので、スイッチ交換修理になります。修理方法は、ケースごと交換するか、スイッチ部分を交換か、どちらかなのですが、今日のお客様のパソコンケースはスイッチの形状がダイヤル式の珍しいタイプで交換する部品がなく、スイッチをむきだしで別の場所から出すことにして簡単に安く仕上げる方法を選びました。

電源スイッチがむき出しですが、これでちゃんと電源のON/OFFができ、ご来店されたその場で直すことができました。

もし、スイッチをちゃんと直したい場合は、パソコンのケースをまるまる交換する形になります。パソコンのケースはATXミドルケースという規格で、マザーボードを取りはずす組みなおし修理になりますが、ケースの部品自体は安いので、時間と予算があれば、ケースごと交換するのもいいと思います。

今回は、見た目はどうでもいい、早くすぐ直したい。とのことでした。