予約制です!当日でもOKですが、外出している場合がありますので、お電話かLINE、✉にてご確認ください。(定休日 日祭日)

BAD SYSTEM CONFIG INFO エラー

ブルーバック 修理

昨夜まで問題がなかったのに、今朝、いつも通りパソコンの電源スイッチをいれても起動しないと、お客様からご連絡があり、ご来店いただくことになりました。

パソコンを拝見してみると、電源を入れて、Windowsの起動途中で画面が青くなり、ストップする症状でした。

これはブルースクリーンエラー、またはSTOPCコードエラーと呼ばれ、重大な問題が発生した場合にエラーコードが表示されるエラー画面です。エラーコードは色々なメッセージが有り、トラブルの内容で変わってきます。

お持ちいただいたパソコンのエラーメッセージをよくみてみると、停止コード「BAD SYSTEM CONFIG INFO」と書かれています。

これは、Windowsのシステム(レジストリ)に異常があり、起動できません。と、いうことですので、Windowsのコマンドを使って修復することにします。

DOSコマンドはたまにしか使わないので、コマンドを確認したり思い出したりして修復を進めます。
復旧率は半々ですが、うまくいけばこの作業で直ります。

修復作業が完了したので、パソコンを再起動してみましょう。

直りました!

パソコンを再起動してみると、画面の表示はブルースクリーンエラーではなく、「更新プログラムを構成しています〜」と表示されました。Windowsの更新プログラムの適用プログラムが実行しているので、もう大丈夫です。

ブログ用に画面を撮影していると、更新もおわり、無事、Windowsが正常起動してくれました。

今回の原因は、おそらくこの「Widows更新プログラムの自動更新が正常に進まなかったこと」です。何かしらの問題があり、うまくいかなかったんでしょう。