予約制です!出張で外出している場合があります。お電話かLINEにてご確認ください。(定休日 日祭日)

OneDriveのトラブル相談が増えています。

教室

OneDriveの不具合が増えたわけではなく、Windows10以降、気が付けばOneDriveの登録画面が表示されますし、OfficeもサブスクリプションになってOneDriveの利用者が以前に比べ増えた事がトラブル相談が多く感じるのでしょうね。

一番多い相談は、OneDriveのバックアップ機能です。ファイル共有機能ではなく、単純にデスクトップやドキュメントフォルダーをOneDriveでバックアップしましょうという仕組み。でも、そもそもファイルのデータ共有というクラウドサービスがまだ一般的にほとんどユーザに浸透していない状況なのに、
クラウドでファイル共有しつつ、バックアップ機能も行うと、「クラウドってちょっと解ってきたー!という状況の」のユーザーさんは、バックアップ機能は理解できず混乱するのです。

Officeの同期もありますし、そもそもオンデマンドでファイルを利用するという事すら解っていない人が大半なのです。まあ、Microsoftは日本の企業ではないので、混乱するユーザーと混乱しないユーザーが存在する場合、日本とは違い、混乱しないユーザーに仕様を合わせるのは理解は出来ますけどね。
ただ、バックアップ機能に関しては、設定画面で、バックアップフォルダーの選択はチェックのみの仕様で、標準的なOKボタンすら存在しないので、もう少しわかりやすくした方がいいかなと思います。

でも、マイクロソフトは自社ソフトを使わせたい病の癖があるので、この状況は嬉しいでしょうね。