パソコン本舗 熊本のパソコン修理専門店|診断見積もり無料。買い替え or 修理?その場でご提案

容量が一杯で起動しないMacbook Air(64MB)のお客様

修理


起動しなくなって、困っています。とお客様がご来店くださいました。

診断してみると、起動途中でフリーズしてしまいます。あの手この手でOSを起動させて、容量を確認してみると、確かにパンパンでした。

Windowsだと動作が遅くなるなど不具合が発生する場合がありますが、一応起動はします。でもMacの場合は空き領域が少ない場合、OSが起動しません。一時的に起動させて、不要なファイルやアプリを削除後、無事起動しました。

削除したのは、adobe reader、Numbers、iWebの3つ。不要なファイルやCoreはほとんどありませんでした。Macbook Airの64MBモデルは空き領域を駆使しないと使えない達人モデルなので、普通の方は最低でも128MBモデルをおすすめします。

※64MBだとBootcampが使用できずWindowsをインストールするのは困難

Mac Airの容量が足りないから消そうとしたら、大事なものだったらしい・・・・。 pic.twitter.com/rtITfncPXK

— み~こ / (御子柴)みーこ (@miko2) 2015年1月13日