2月25日(日)店舗内装工事の為 お休みします。

震災トラブル。衝撃でCPUファンの留め具が折れました。

熊本市中央区のマンション6階にお住まいのお客様。

パソコンを起動後、デスクトップ画面が表示された直後、リセットがかかる症状が発生したとご連絡がありました。

お話をお伺いしてみると、今回の地震でパソコンを置いている部屋の本棚が倒れてしまい、パソコンに本棚が直撃した事が原因との事でした。分解して、パソコン内部を確認してみると、ホコリは溜まっていましたが、ケーブル類は抜けていないようです。

見た感じ、内部の増設カードやメモリ、配線関係のコネクタはすべて問題はありません。

パソコンが突然リセットする症状で一番多い故障トラブルは【CPUの熱暴走】ですので、そのCPUを冷却する装置を確認してみます。すると、冷却装置を固定するための留め具が折れてしまい、冷却が不十分なことが確認できました。

冷却装置はメインボードに4個の留め具で固定されているのですが、そのうち2個が本棚の直撃で折れてしまったようです。留め具ははめ込み式なので衝撃で外れたことが原因でしょうか。

パソコンのCPUは発熱が100度以上になるので、冷却装置をCPUに貼り付けて冷やす仕組みなのですが、留め具が外れることによって、CPUが熱暴走してしまい、CPUの安全装置のような仕組みでパソコンがリセットしてしまうという事です。
※CPUは一定の温度(100度くらい?)を超えるとリセットがかかる。冷却して通常は40-50度

ですので、市販品の冷却ファンに交換後、CPUをちゃんと冷やせば修理は完了です。ホコリもついでに掃除させていただきました。

なんとかPC治りました。スピーカーが落ちた衝撃でCPUファンが外れていたのが原因のようで、ファンを取り替えてグリスを塗り直したら元気になりました(๑•̀ㅂ•́)و✧他のところに影響が出ていないと良いのですが…色々教えてくださったり、心配して下さってありがとうございましたm(_ _

— 佐久うさこ@μ’sic forever♪ (@ususa70) 2016年4月27日