パソコン本舗 熊本のパソコン修理専門店|診断見積もり無料。買い替え or 修理?その場でご提案

BitLockerはやめたほうがいい。

つぶやき

BitLockerというのは、Windows Bitlockerが正式名称で、Microsoft Windowsに搭載されているデータ暗号化機能事を言います。

昨日ハードディスクのデータ救出をご依頼いただいたお客様がいらっしゃったのですが、Bitlockerが有効になっているため、Botlockerってなんですか?マイクロソフトアカウントなんて知りません。というお客様でしたので、取り出すこともできず、しかも不良セクタもあったので、どうにもならずデータが救出できなかった出来事がありました。

不良セクタはありましたが、もしBitlockerがあればなんとか読み込みが出来たと思うのですが、このデータ暗号化機能は機種によってはディフォルトでON(有効)になっているのです。ですので、お客様は暗号化した覚えなんてないし、だからこそマイクロソフトアカウントにも意識はいきませんから、お客様にも問題はありません。

ですので、こういう事がないようにbitlockerは最初は無効にしておくべきですし、データの保護を行いたいなら周知できるように宣伝するべきです。

Windowsというソフトは情報管理は現場に合わせてセキュリティ機能は合わせるべきだと思います。パスワードを必須にしても付箋にパスワード書いてパソコンに貼り付けている人がどれだけいると思っていますか。ユーザーは無能な上司やセキュリティ管理者の指示で無意味にパスワードを頻繁に変更させられるし、その結果、使用者本人が忘れる事もおおいです。というか会社のパソコンのパスワードなんて忘れます。笑い話ですけどこれは冗談ではなく、職場でよくある光景です。

マイクロソフトのセキュリティ担当者さんはCBTで受けられるセキュリティ基礎の情報セキュリティマネジメント試験を受験されたら如何でしょうか?皮肉でもありますが、本当そういう事だと思います。