深刻な状態だったお客様のパソコン

パソコンを使っていると、画面に妙な表示が突然出るし、CPUの利用率を確認すると、常に100%だし、今の状態だと動作が遅くて使えないんだけど、何が悪いのかな?と、長年お付き合いさせていただいているお客様から相談がありました。

この場合、考えられる原因が3つあって、

OSの調子(Windowsソフトウェアの問題)が悪いとき、物理的な故障(ハードウェア)か、アプリケーション(個別ソフト)が不具合を起こしているか、になってくると思います。

お客様のパソコンを拝見してみると、確かにCPU利用率が100%ですし、画面に妙な表示(詐欺系の広告)も表示されますが、パソコンの中から「カチャンカチャン」に繋がりそうなハードディスクの故障と思われる異音が鳴っていましたので、パソコンの今の状態は、動作が遅いというより、このままでは中のデータまで消えてしまう深刻な状態であることをお伝えし、最優先でパソコンのデータバックアップを行う事にしました。

このパソコンは少し古く、WindowXPで、3.5インチのHDDが2個搭載されている、2003年ころの主流のスタイルパソコンで、今となっては珍しい仕様ですが、異音が鳴っていたのはデータが少ないほうのHDDでしたので、問題なくバックアップを取ることができました。

修理の流れとしては、このパソコンはネットワークにつながってないパソコンなので、

1.個人データ救出

2.HDD交換、メーカー純正リカバリディスクで復元(工場出荷状態に復元)

3.WindowsXPをインストール後は、サービスパックや更新プログラムの適用

4.Office(ワード・エクセル)インストール

5.データ復元(筆ぐるめ、写真など)

6.各種プログラムやドライバーを最新アップデートに適用

7.修理完了後、廃棄HDDのデータ消去及び破壊

となります。

今回は救出できましたが、お客様の持ち込みが遅くなっていれば、高額な復旧費用がかかるし、もしかしたらデータが取れない可能性もありました。

お客様としては、なんか固まるなぁ?というお気持ちで軽くご来店いただいたのですが、拝見してみたら、実はこのように急を要する状態であった、という事もあります。

当店は来店して頂いた場合は診断無料ですのでお気軽に!