予約制です!出張で外出している場合があります。お電話かLINEにてご確認ください。(定休日 日祭日)

ワープロ、富士通のOASIS LX-C300の修理。縮小表示が戻らない

LX-C300液晶画面 ワープロ

永年ワープロをお使いのおじいちゃんがご来店くださいました。文字が小さくなってですな~と、お困りの様子です。

診断してみると、ハードウェアに故障はなさそうです。確認してみると、設定が変わってしまっただけのトラブルの可能性があります。

このワープロは1998年頃に発売された機種ですし、ワープロは基本的に機種ごとに操作方法が異なるので、今風にネットで調べても情報は出ませんし、Windowsの修理のような感覚で設定が元に戻ることはありません。だいぶん慣れましたが、古いワープロの情報は少ないので、少し大変です。

ワープロの設定項目をいろいろと確認してみたところ、セットアップメニューから通常表示に戻すことができました。

Windowsで例えると、ファンクションキーのF7で直接カタカナに変換できるような機能です。このような機種がメーカーごとに異なるし、メーカーによっては機種ごとに設定・変換方法が異なる場合があるからワープロは難しいのです。

ワープロは文章専用機という感じでいいですね。今回は少し苦労しました。