高齢のお客様とつきあうこと

80歳を過ぎた長年お付き合いさせていただいているお客様が

急遽入院したため、病院に行ってきました。

入院中にパソコンで通信をしたいと依頼がありました。

IMG 4098


このお客様は◯テックの頃からお世話になっておりまして、もう15年近くのお付き合いになります。

15年も経てば、人間歳を取ります。

当時65歳のお客様も、もう80歳です。

リタイヤするまで、あと何年パソコンを使うのか、何をするのか?というお話も増えました。

この辺り、損得で考える事は当然できませんし、信頼関係を作っておかないと

いろいろとしんどいです。

当時ワープロでお世話になったお客様はほとんどがもう90歳近いです。

息子から「もうワープロはよかたい、やめんね」と

言われ続けることが生きがいというお客様もいます。


先月の1月後半、ワープロの修理をしますよ!と熊日新聞の夕刊に広告を載せました。

月末に90歳位のおじいちゃんから依頼があり、2月1日に依頼品を受け取りました。


修理が完了したので、完了の電話をご自宅に電話しますが、繋がりません。

2−3日電話を続けたあと、4日後の2月10日、やっと電話がつながりました。

若い声です。

パソコン本舗ですが、「◯◯さんのお電話でよかったですか?」

すると、「どっちですか?おじいさんの方ですか?」と逆に訊かれたので、

「おじいちゃんです」と答えました。

若い男性のかたは言いました。

「あー、あの・・実は亡くなったんですよね」と。

2月1日にお伺いした時は耳も足も頭も元気だったのに、なんで?という

思いのまま、2月の12日にお客様宅へ納品してきました。


実際、私のお客様で90歳を超えている高齢のお客様はたくさんいます。

このような思いは初めてでしたが、お客様と付き合うということは

どういうことなのか、すこし理解できたような気がしました。