予約制です!不在も多いので、ご連絡後にご来店お願いします。

ハードディスクは信用するな。

外付けハードディスク データ復旧

毎日使っている外付けハードディスクが、昼から使おうと思ったら、認識しなくなったとの事で、ご依頼がありました。

朝は使えていたそうです。

大事なデータとの事でしたので、持ち込まれたその場で急ぎ検証と診断を行いましたが、状態が良くなく、救出出来ない可能性のほうが高いです。

通電はするし、異音も無いのですが、不良セクタが大量にあり、データの読み込みができない状態で、私の技術では無理かなと言うことをお伝えしました。

「ハードディスクって壊れるんですか?壊れないと思っていました。」と、お客様が質問されてきたので、「そうですね、壊れるときは壊れますね」という回答をしたのですが、本音は

ハードディスクは壊れるのが前提で、絶対信用してはいけない。

と、思ってしまいました。※ちなみにUSBメモリやSDカードは余計壊れます。

じゃ、何に保存すればいいの?とよく聞かれますが、答えは2つあり、そして心がけることが1つです。

1つ目は、データはクラウド保存を徹底。もう一つは、RAID(ミラーリング)を使うです。

心がけることは、そもそもデータは最小限に!です。断捨離やミニマリスト、そして終活の考え方ですが、必要最低限なデータだけをクラウドに保存することです。不要なものはすべて削除する。

クラウドやRAIDはお金をかければ環境構築は簡単にできますが、データを最小限にするのはとても難しいかもですね。