パソコン本舗 熊本のパソコン修理専門店|診断見積もり無料。買い替え or 修理?その場でご提案

修理 or 販売?の最終判断は利用者の気持ちだと思います

つぶやき 教室

2020年が始まりました。今日も仕事でWindows10のアップデート作業を行っています。

パソコンのハードディスクという部品は寿命が5年程度ですが、当店では、Windows7をWindows10にアップデートする場合、同時に古いハードディスクを新品のSSDという部品に交換することがほとんどです。そして、その後にWindows7を10にアップデートするのですが、修理前と後でパソコンの速度が2倍近く速くなりますし、新品の部品を半永久と言われるSSDに交換しますので(※半永久と言われていますがやっぱり壊れはします)、寿命も3-5年と伸びます。

このように当店ではアップグレードや一部の部品だけ交換して直すので、パソコンの性能次第ですが、買い替える必要はないと思います。

ちなみに、パソコンを新しく買い替えると、古いパソコンから個人データをコピーしたり、WiFiやメール、プリンターなどの設定を再度行う必要、インストールしたソフトをまた入れなおす必要があります。もちろんワードエクセルも入れ直しが必要です。設定はもちろん簡単ではありません。

そして、何よりも「パソコンを買い替えたら、新しい機種の操作を覚えなければいけない」という問題があります。

パソコン本体の値段だけでなく、データの移行、設定代、勉強代金までは計算して検討されたほうがいいと思います。新しいパソコンが6万で安く買えたとしても、その他の追加費用がいくらかかるかという事ですね。


当店の基準ですが、パソコンが古く、修理するより買い替えたほうがいい!と判断できるのは、Windows10にアップデートが出来ないパソコン、もしくはアップデートが出来ない・難しいWindowsXPやWindowsVistaです。WindowsVistaをWindows7にアップデートしてWindows10にさらにアップデートする事は不可能ではないのですが、不安定になるリスクあるし、なにより作業代がさすがに当店でも高くなります。

買い替えないほうがいいパソコンの簡単な判断方法は、CPUがCore i3・i5・i7のパソコンと覚えておくといいでしょう。

買い替えたほうがいいの?修理したほうがいいの?という判断基準は、パソコンが古いからではなく、性能がどうなのか?という事です。

量販店やメーカーさんなど【売りたい人】は買い替えたほうがいいですよ~設定簡単ですよ!と、セールストークを言いますし、【売りたいメーカー】は古いから部品がないので修理ができない、だから買い替えましょうと案内してきます(実は入手な場合がほとんどですが:-P)

まとめると、

  • 自分の気持ち。買い替えたいなら買えばいい。
  • 性能が良ければ古くても使える。
  • 買い替えると設定やデータ移行など他にコストがかかる

当店は修理がメインで売ることはめったにないので、何とか修理をしますが、その真逆で販売がメインの人はいかに修理を受け付けないか。という事です。でも、このような【正論】よりは、修理 or 販売?の最終判断は自分の【主観の意見】だと思います