予約制です!当日でもOKですが、外出している場合がありますので、お電話かLINEにてご確認ください。(定休日 日祭日)

修理 or 販売?の最終判断

つぶやき

年が明けて、2020年が始まりました。

今日はお客様からご依頼があった、Windows7をWindows10にアップデートする作業を朝から行っています。

 Windows7をWindows10にアップデートする場合、アップデート作業と同時にWindowsがインストールされているハードディスクという部品を、SSDという高速な部品に交換することがほとんどです。

なぜならば、パソコンのハードディスクという部品は寿命が(だいたい)約5年ですので、ここで交換しておかないと、将来を考えてWindowsをアップデートしたとしても、ハードディスクの寿命が原因でパソコンが起動しなくなる可能性が高いからです。

※アップデートを希望されるお客様のパソコンは、ほとんどが購入してから5年以上経っている。

 このようにWindowsを10にアップデートして、劣化したハードディスクを新品に交換した場合、Windowsは当然最新になりますし、なにより部品を交換したことで、動作速度が2倍以上速くなります。もちろんパソコンの寿命も延びます。

さらに、ほとんどのお客様の場合、この作業を行えば、パソコンの性能にもよりますが【店頭で販売されている新品パソコンより動作が速くなります】

個人的な意見ですが、古いパソコンほど品質は高いと思っているので、買い替えるよりは必要な部品だけ交換したほうがお金もかからないし、なによりもデータがそのまま残ります。

 修理せずに、新しくパソコンを購入した場合、元の古いパソコンから個人データを移さなければいけませんし、WiFiなどのインターネット設定や、メール、プリンターなど、各種設定を新たに行う必要があります。従来使っていたソフト(Adobeや仕事で使うソフトなど)は、また入れなおす必要があります。もちろんワードやエクセルのOfficeもです。新しく買ったほうが安いんじゃ?と、質問されることもありますが、こういう作業に値段をつけてみると【買い替えたほうがよっぽど高い】事がよく分かると思います。

何よりも「パソコンを買い替えたら、新しい機種の操作を覚えなければいけない」という大変な問題が出てくると思います。

量販店やメーカーさんなど【売りたい人】は、こういう事は言わず、「買い替えたほうがいいですよ~設定簡単ですよ!」としか言いません。それはそうですね、売りたいから。【売りたいメーカー】は、「お客様のパソコンは古いから部品がないので修理ができない、だから買い替えましょう」と案内してきます。まあ売ったほうが簡単だし売上も上がるからですね。

ここまで、買い替えるほうが損だよ!という【正論】をお伝えしてきましたが、結局のところ、最終的な判断はお客様のお気持ちになるのです。

中古がどうしてもだめな方は新品を選ばれますし、個人の資質で最上思考というか「高い・最新の品は良い」とお考えになる場合は、当然正論なんて関係なく、「買いたいから買う」、「好きだから買う」だと思います。

ここの店員、お店が嫌いという事で、当店を選ばない方ももちろんいらっしゃると思います(苦笑)