電源が足りないトラブル

DellのデスクトップPCのXPSシリーズにGeforceGTX1060を増設したら起動しなくなりました。

確認してみると、VGAカード(GTX1060)のデバイスは認識されているが、ドライバーが当たりません。ドライバーをインストールするとOSがハングアップ(リセット)してしまいます。

いろんな原因を考えましたが、今回は電源容量不足と思い、交換することにしました。

IMG_1618

もともと取り付けられていた電源はDellブランドの460Wです。

調べてみると、GTX1060搭載PCの必要容量は460WもあればOKらしいのですが、なぜ不安定になるのでしょう?こんなとこが自作系の難しいところですよね。データによる知識は参考にはなりますが、結局経験則からの判断です。

 

IMG_1617

今回は550W(黒)と750W(茶)に交換してみました。

なぜ2個も交換したかといえば、550W電源ではだめだったからです。

 

IMG_1619

最初に取り付けたのはKEIANのKT-S550(550W)

VGAドライバーのインストールまでは正常でしたが、OSにログイン直後から不安定。アプリ(Adobe系)を起動しただけでリセットがかかります。

 

IMG_1620

こりゃ1000Wの電源を組み込んだ方がいいかな?と思ったのですが、まだまだ高額なので、コストパフォーマンスがよい750Wに交換してみました。

IMG_1621

Owltecさんが販売している750W電源です。なかなかよさそうな数値ですし、「日本製コンデンサ採用」と書いてあるので選んでみました。

この電源に交換後、エージングテストを3日ほど続けましたが、問題なし。細かい箇所も確認しましたが、今回はビデオカードを増設したため動作が不安定だったことが確認できました。

自作PCショップ店員上がりの感覚だと、総ワット数なんてあんまり当てにならなくて、12Vとか5Vが大きけりゃ大丈夫だろうと平気で250Wや300Wを販売して、500Wなんか要らないよって堂々と言っていたものですが(もう10年以上前の話)電源が550Wで足りないなんて考えもしませんでした。

パソコンは難しいですね。