パソコン本舗 熊本のパソコン修理専門店|診断見積もり無料。買い替え or 修理?その場でご提案

CPRMが見れない。DVDが見れない。トラブル

教室

テレビで録画した番組がPCでみれないのよ~GOMプレイヤーで出てこないのよ~。

このようにパソコンで、レコーダーで録画したDVDが再生できないとお困りのお客様が本日ご来店くださいました。

TV録画で利用されるコピー制御方式はCPRMといいますが、この方式、そのままだと、パソコンでは再生できません。なぜならば、インストールされているDVDソフトが対応していないからです。DVDソフト会社がCPRMを再生できるように対応してくれれば観ることができます。

CPRM(Content Protection for Recordable Media)とは、著作権を保護するために使用されるコピー防止技術です。

地デジとかCSBSなどのテレビの録画は簡単にコピーと再生が出来ないようになっているのですね。

うちのお店では、このようなときはCPRMに対応しているCyberLinkさんのPowerDVDというソフトを販売しています。このソフトは昔から有名なソフトですが、ユーザーインターフェイスがわかりやすく使いやすいし、なによりも安い(5000円程度)、それなのにCPRMにも対応しているという優れたDVD再生ソフトです。

CPRMの事を書きましたが、そもそも、その前にDVDというのはWindowsは実はライセンス関係の問題があり、対応していないのです。WindowsをそのままインストールしただけのパソコンではDVDの再生が出来ないのです。DVDを再生するための映像や音声データをエンコードするコーデックというプログラムがWindowsには実装されていないのです。

私のように2000年前からパソコンでCDやDVDを再生してきた人間にとって、WindowsでDVDが再生できないのは当たり前の感覚なのですが、最近(2019年)にもなるとなんでパソコンなのにDVDが再生できないの?おかしくない?という感覚のほうが正しくなりました。

MicrosoftとDVDコーデックは歴史があって、私も詳しく調べてはいませんが、Win7はDVDコーデックがOSには組み込まれていたとか、Windows10発売初期の頃に限定でDVD再生ソフトをWindows Storeでマイクロソフトが配布して事があった事もあり、そういう流れもあり、現在、なんでDVD観れないの?と混乱の原因になっていると思っています。Windows8だけはDVD再生できましたっけ?

WindowsでDVDはソフト無しでは見られない、CPRMは対応していないとダメ。と、覚えておくといいでしょう。