予約制です!当日でもOKですが、外出している場合がありますので、お電話かLINE、✉にてご確認ください。(定休日 日祭日)

ホコリが原因で壊れたパソコン。

ホコリで動かない 修理

朝からパソコンを使おうと思ったら、通電出来ず、起動できなくなってお困りのお客様からご連絡がありました。

ご来店いただいて、パソコンを拝見してみると、ホコリがすごかった。

細かく分解してみると、CPUを冷やす大事な冷却ファンの扇風機の隙間にホコリが詰まっており、回転ができない状態でした。通電はしているみたいですが、このファンが回転せずに熱で壊れたのかな?と予想ができます。

パソコンに中には冷却ファンが2−3個搭載されていて、すべてを確認してみると、ファンは回転はしているが、ホコリで廃棄口が塞がれていて、機能していません。

例えると、エアコンのフィルターがホコリで冷えないという症状ですね。

CPUの冷却ファンは回転せず、その他のファンは排気ができない状態、もう7月で気温も上がっているので、それは壊れるだろうなーという状態です

店内にある、エアーコンプレッサーでホコリというホコリをすべて取り除き、動作確認を行います。

回転しなかったCPUの冷却ファンも含め、ファンはすべて回転するし異音もないので大丈夫です。電源スイッチを押すと電源が入って動作しますし、ファンも回りますが、画面には何も映りません。

マザーボードを取り外し、メモリやCPUなど、はずせる部品はすべて外し、点検後に電源を入れても起動しません。こうなると、一つ一つすべて確認する必要がありますが、熱で壊れた可能性で考えた場合、壊れた部品はだいたい絞れてきます。

熱で壊れるのは、CPU、GPU、マザーという感じで、簡単に交換できるGPUから検証を始め、画面が表示されるまで(POSTするまで)部品を交換し続けます。

今回は、GPUやCPUなど簡単なところは問題がなく、マザーボードの故障が原因でした。熱でマザーが壊れることはあまりなく、原因の追求はなかなか大変でした。

ホコリはやりすぎると壊れますが、5−6年掃除しないのも問題です。年に一回は掃除しましょう。市販のエアダスターで吹き飛ばせばOKです。