WiFiの設定トラブル。慌ててしまったお客様。

修理

自宅で利用している無線LANの電波が弱かったので、ネットで調べてBuffaloの中継器を購入されたお客様、いろいろ試していたら家で使っているパソコン以外のスマホも全部WiFiに繋がらなくなった!とお困りのお電話がありました。

お話をお伺いすると、当店に電話する前にBuffaloに電話されたそうです。

サポート窓口で「買い替えれば直る」という説明を受けたそうで、その言葉を信じて、無線LANの本体をすぐ買いに行かれたそうです。買いに行った先の量販店の店員さんから「設定簡単ですよ!」と説明受けて、安心して、ご自身で設定をされたそうです。

ですが「設定は簡単ではない」ので、当然、お客様は何も設定ができず、困って当店に電話されたそうです。

問題点は2点あって、1点目はBuffaloなどのメーカーさんは売るのが仕事なので、失礼な言い方になりますが、サポート窓口はマニュアル回答以外の説明は禁じられており、売ること優先のサポート対応をされます。

→今回は、もちろん買い替える必要はなかったのです。

2点目は、量販店の店員さんの「サポート簡単ですよ!」という言葉を信じたこと。もちろん簡単ではないし、簡単ならお客さんはそもそも困っていないのです。これも売ること優先の営業ですので、店員さんはお客様の都合より売上のために高い無線ルーターを売ることが最優先なのです。

冷静に考えれば当たり前のことなのですが、これは仕方がないことなのです。じゃ、どこ行けばいいの?つて質問になると思いますが、こういう困ったときのためにパソコンサポート修理店が存在するのです。

当店ににお電話いただいたので、適切なアドバイスを行えて、問題は解決したのですが、今回のように「設定は簡単じゃない!」という事と、周辺機器の会社に電話したら買換え優先のアドバイスを受ける。という事は覚えてほしいと思います。

もちろん買い替える必要はなかったのです。とお客様にお話すると、なぜか私が怒られました笑