3月20日(水)長崎出張のため、定休日となります。

Appleからの偽メール

ここ一年くらいAppleを騙ったフィッシング詐欺メールが届きます。

一週間に3回ほど。

内容は、あなたのID情報は異常。利用するためには以下のリンクをクリックして下さい。とのこと。
24時間以内にクリックしないと、アカウントがロックされます。とのことです。

ちょっとせっかちな内容ですね。
AppleIDが本当に異常ならAppleの責任ですし、公になると問題になります。
そんな低レベルのミスをAppleがするわけがありません。

これは偽メールです。

クリックすると「フィッシング詐欺」サイトに誘導されます。

クリックしてみました。

ブラウザー(Google Chrome)がちゃんと警告してくれます。
今回は無視して続行します。(真似したらだめです)

すると、

Appleのページに見える「偽Appleページ」に移動し、IDとパスワードを入力する
画面が表示されます。

Appleのホームページにみえますが、ぜんぜん違うページです。
なんちゃってAppleページ。

ここで入力してしまうと、IDとパスワードが盗まれるという仕組みです。

慣れている人はクリックしませんので、被害は防げますが、
普通の人、高齢者の人は絶対わかりません。

調べましたが、アドレスの表示も同じです。

本物のも偽Appleページもアドレスはappleid.apple.comです。

ちなみに、正常なAppleからのメールはこんな感じです。

いつも利用していない端末からアプリをダウンロードした場合、このようにAppleからメールが
届きます。

大丈夫ですか?問題がない場合はよいのですが、不審な場合はパスワードを変更してくださいね。
というメール。

どっちにせよ、二段階認証方式にしておけば大丈夫なのですが、まずは基礎知識から、です。