パソコンはi3でメモリは8GB、SSD搭載なら何買ってもいいけど..。

パソコンを買うとき、よくわからないから、CPUってのはi7でメモリは16GBのパソコンを20万で買おう!!
高いけど、性能がいいし、10年は使えるだろう!と判断するお客様はたくさんいます。

これは【かなり】間違った判断です。

じゃーなんなんだよ!何買えばいいんだよ!というお話ですが、

i3/8GB/SSD500GB程度のパソコンでOKです。
ワードエクセルの有無もありますが、8-10万で買えると思います。

i7/16GB/HDDのパソコンって、多分15-25万すると思うのですが、
実は8-10万の安いほうが、高いパソコンより数倍速いのです。
で、故障率も8-10万のほうが高いパソコンより数倍低いです。

でも、このように調べると売れなくなるので、各メーカーさんたちは、
モダンPCとか世界の亀山など売れそうな表現をしてセールスしていると思います。

極端に言うと、メーカーは売ってしまえばいいからですね。

でも、店員さんメーカーさん側も悪気があって遅くて高いパソコンを売ってるわけでもなくて、
実は売る側も詳しくないのです。だから責めるのもかわいそうです。

もう実は欠陥品じゃないの?という製品もあるからです。
※例えばVistaのパソコンを1GBのメモリ搭載でNECや富士通が売っていた。
※確か512MBモデルも初期のころあった気がする。

パソコンに詳しくない上司の鶴の一言で若手がそれが間違っていると知っていても、その上司の判断に
従うことが多い日本社会であることも理由の一つで、こんなの売れないよ!と思いつつ、
詳しくない売れそうな人に店員さんが売るんです。ひどい話です。

冷却は重要

少し話がごちゃごちゃになりそうですので、まとめますが、

結論は、ノートパソコンの場合、i3かRyzen搭載で、メモリは8GBで十分です。

気を付けるのは2点。

【SSD搭載】であることと、【放熱がしっかりしている】ことです。
SSD搭載PCというだけで、HDD搭載PCより数倍動作が速いです。
メモリが多かろうが、CPUが高かろうが、SSDではないPCは一般の人が購入する価値もないのです。
当店で検証した結果、約4倍も速いです。

放熱がしっかりしているPCとは、例えばi7などの高速CPU搭載のパソコンはノートPCの場合、放熱の処理が出来ておらず
CPU温度が高くなって故障しやすいからです。パソコン全体が高熱になり、データが保存されているディスクにも悪影響です。
ですので、発熱がi7より圧倒的に低いi5やi3、AMDのRyzenを選ぶべきです。

※排熱処理しっかりしているデスクトップPCならi7でも全然OKです。

覚えておくこととして、パソコンは昔と違い【10年もちません】今のPCは品質が低いので、
10年間も使えるように作られていません。それに令和の今は10年も同じPCを使えないほど
世の中の変化が激しいのです。10年間も同じPCを使っている人は個人的には渋い、かっこいいと
思いますが、IT詳しくないのかな?と思います。

この点だけ覚えておけば、パソコンの購入で失敗することはないでしょう。