パソコン本舗 熊本のパソコン修理専門店|診断見積もり無料。買い替え or 修理?その場でご提案

ワープロに関する記事一覧


ワープロ

このワープロは1998年頃に発売された機種ですし、ワープロは基本的に機種ごとに操作方法が異なるので、今風にネットで調べても情報は出ませんし、Windowsの修理のような感覚で設定が元に戻ることはありません。だいぶん慣れましたが、古いワープロの情報は少ないので、少し大変です。 - Part 2

ワープロ

熊日新聞の広告をご覧になられたお客様からの依頼です。 突然、文章を読み込まなくなったんです。直りますか~?との事。 機種は富士通のLX-6500SD。 スーパーディスク搭載で郵便番号7ケタにも対応するという平成9年(1997年)発売モデルです。相当古いですが、人気機種でしたので、部品は入手がまだ可能です。 - Part 2

ワープロ

新品同様と言ってもいいくらいワープロはきれいだし、画面も動作も問題はなさそうですが、印刷実行を選択しても【用紙を入れてください】と表示されます。 おそらく用紙が差し込まれている事が認識できていないと思うので、用紙チェックのセンサー故障が原因と思い、交換してみることにしました。 - Part 2

ワープロ

ワープロの電源を入れ、フロッピーを本体に挿入すると、その部分から【ウィーン】とモーター動作音が確認できます。これはフロッピードライブのゴムベルトが劣化してしまい、伸びきっているため、空回りしている症状ですので、このベルトの部品だけを交換すればフロッピーは直ります。 - Part 2

ワープロ

ワープロを永年お使いのお客様が、ワープロの修理が出来ないと断られ続けて、仕方がなく、無理してパソコンを購入して覚えるのは大変つらいと思いますし、当店のようにワープロをしかも熊本のような地方でも直せますから、できればこの記事にたどり着いて連絡してほしいと思います。よかったら諦めずにお電話ください。 - Part 2

ワープロ

シャープの書院をお使いの事ですが、弊社の検証用ワープロで動作確認してみると、初期化も読み書きもできません。フロッピーをディスクに挿入すると「カサカサカサ・・」と擦れた異音がします。 目視で確認してみると、フロッピーディスクのデータが入っている部分に傷が入っています。おそらく磁気ヘッドの異常動作が原因でしょう。 - Part 2

ワープロ

長年使用していたワープロが起動しなくなったとお客様から修理依頼がありました。 外観は非常に綺麗ですが、もう20年以上経っている商品です。 ワープロは液晶とフロッピー、そして印刷ができないトラブルが多く、通電ができないなど、基盤が原因の故障は…

つぶやき ワープロ

修理専門でやってきましたが、このたび「中古PC・ワープロ・スマホ・タブレット」の販売を始めることにしました。 新品が安くなったので、在庫販売はもういいかな?と思っていましたが、「ワープロ」や「XP」の要望が多く、事務所の広さに限界があります…

ワープロ

今日もワープロ修理です。 2日に1台のペースでワープロ修理の作業をしています。 液晶が真っ暗になったんだけど、直せますか?とお客様からご依頼があり、出張してきました。 富士通のOASYS、LX6500SDです。 パソコンもですが、ワープロも…

ワープロ

画面が暗くなってしまい、使えなくなったとお困りのお客様がご来店くださいました。 型番はサンヨーのSWP-NS20で、比較的修理依頼が多い機種です。 パネルユニットの交換で修理完了です。 液晶以外も診断して異常がないか確認します。 主に、FD…