Windows10は故障しやすいのか?

2年前に買ったばかりなのに、

なんで?と不満げなお客様とお話させていただきました。

 

Windows10は故障しやすいか、

例えば、WindowsXPやWindows7と比較してどうか?

答えは「はい、壊れやすい。」です。

 

こんなことを書くと、Microsoft関係者さまなどは、証拠を示せ!とか根拠をだせなど

言われてしまいますが、

約20年間、Windows98の頃から自分が受け付けた修理、相談に乗ったお客様の対応件数で

比較しただけでもWindows10は壊れやすいです。

10件、20件でありません、私でも1万件以上はWindowsのOS修復対応を行いました。

 

例えば、Windows98やMe、NT4.0は壊れやすいというよりは脆かったですし、

2000/XPに関しては転がしてもたたいても壊れません。変なソフトが入ってもへっちゃら。

やりすぎると我慢できなくなって壊れてしまった故障が1番多かった。

Windows7はさらに良くなりました。この頃からOSよりもHDDなどハードウェアが

OSより先に故障するようになりました。

 

Windows8/8.1から、ですかね、故障しやすくなったのは。

これにはいろんな理由や原因がありますが、ぱっと考えて3つほどいえる事があります。

 

1.ワープロ以外にもセキュリティ対策も活動する必要ができた。

2.高速化のため、先読み作業や最適化などいろんな作業が増えた。

3.利用するユーザーが以前に比べ多様化した。

 

メーカさんやマイクロソフトの味方目線でいうと、

Windows10は今悩んでいるのです。

2016年に統計された全世界のインターネット利用者数は約35億人です。

日本人の貴方だけのwindows10ではないのです。

35億人が安定して使えるOSを提供するのも難しいのです。

そのため、Windowsの更新やいろいろ対応しているのですが、

ちょっとうまくいっていないと思われます。

 

そんなこと言っても、知らんよ!というのがユーザー目線、

お客様目線ですので、それはもう、

いい店で、いい人に出会いパソコンを選んでもらうわけです。

パソコン本舗をよろしくということです。

うまい事まとまりました。