迷惑メールの仕組み

今日は祭日ですがお店でお仕事中です。

迷惑メールは自分の行動の鏡のようなところもあって、

「自分が気になる情報」がうまいこと送られてくる気がします。

今日確認した私の会社メールの迷惑メールフォルダーは

こんな感じです。

 

お金のことばかり・・。

エッチなページばかり見るとアダルト系や出会い系の迷惑メールがきたり、

株や情報商材をみてるとお金もらえます系のメールがくるようです。

セミナーに参加ばかりしていると、「貴方だけの特別セミナー的な」メールが

来たりもします。

 

笑い話のようで、結構リアルに当たっていると思いませんか?

でも私は借金もしていませんし、株もやりません。

SEOやRuby(プログラム)などの情報はよくみたりします。

でも迷惑メールは画像のとおり「お金上げます系」ばかりです。

 

なんでだろう?と思い、迷惑メールの仕組みを考えてみました。

 

—————-     き   り   と   り    —————–

迷惑メールは大きく分けて5パターンあります。

1.出会い系・アダルト系

2.広告宣伝系

3.儲け話系

4.架空請求詐欺系

5.フィッシング詐欺系

—————-     き   り   と   り    —————–

ドキッとすることがあっても、慌てないことです。

オレオレ詐欺が有名ですが、メールも同じです。

冷静になれば、「アレ、ちょっとまて」と思うと思います。

 

偉そうなことを書いていますが、私も25歳の頃

こういうのに一度引っかかりました。

「まあ、だまされても勉強になるからいいや」と思って振り込んだら

本当にだまされた!という話です。

 

絶対してはいけないことは、

返信をすること。

記載されている電話番号に電話すること。

個人情報(カードや住所)の入力をしないこと。

この三つです。

 

「お前の居場所は分かるんだぞー」とメールに書いてあっても

絶対分かりません。嘘です。

 

もし、電話したり名乗ったりすると、その情報から

住所や職場などを調べられます。

 

基本、ウイルス対策ソフトを契約(有効であること)していれば

変なメールを受信したくらいでは被害にあいません。

大丈夫です。

 

どっちかというと、安全なのに、「ウイルスに感染しますよー」と

営業をかけて毎月1万の契約をせまるコピー業者などのほうが

よっぽどたちが悪いと思います。

気をつけましょう。