身代金ウイルスの対策方法(WannaCrypt)

最近話題の、身代金ウイルスについて書いてみたいと思います。

先日、熊本のとある病院で身代金ウイルスの話をしました。
カスペルスキーとF-Secureを両方インストールしているからダイジョブよね?と
聞かれたので、Windows10なら大丈夫ですが、不審なメールの添付ファイルを
開かないように診断を受けながらですが、お伝えしました。

あと、ウイルスは二個入れたらだめよと。

病院関係はF-Secureがお勧めらしいのですが、カスペルスキーも優秀なので
好みでどちらかを選んでくださいというお話で終わりました。

今回の身代金ウイルス、

ウイルス名はWannaCrypt

SMBv1という独自プロトコルの脆弱性(不具合や設計上のミスなど)を
利用して感染する。

Windows10はすでに対策されているため感染しない。
感染しやすいのはSMBv1が古いWindowsXPやVistaなど。

通信手段は関係ない。例えばデザリングなどのLTE通信を利用していても
感染する。

古いwindows

対策しないとウイルスソフトをインストールしても感染する。

 

対策方法は、マイクロソフトの更新プログラムを適用すること。
SMBサーバー用のセキュリティ更新プログラム

日頃注意することとしては、メールの添付ファイルを開かない、
メールに記載されている不明なリンクをクリックしない。
無料で動画が視聴できたり、本が読めるWebページにアクセスしない。

 

ウイルスソフトをインストールして有効な状態でも
Windowsそのものが身代金ウイルス対策していないと
感染します。

普通の人は感染しませんので、テレビやニュース、悪い営業・販売員に
騙されて、ウイルスソフトを買い替えたとか、パソコンを買い替えたなど
慌てないようにしましょう。