画面が勝手に回転して困ったお客様

お客様から出張依頼がありました。

いつも通り仕事をしていると突然画面がおかしくなった。

なんと、画面が逆さまになってしまった。

慌てて強制終了したら起動しなくなった・・困った!と

お急ぎのお客様です。

この症状は実は故障ではなく、簡単に直る症状です。

 

この症状と同様のトラブルの依頼がここ数年で10件を超えましたので、

ブログに書いておこうと思います。

 

これはWindowsパソコンの、インテルのビデオチップを搭載した機種だけで

発生するトラブル(というか機能)です。

Intel HD搭載パソコンなど、書いてあるパソコンは該当します。

 

これは故障ではなく、インテルの独自機能で、操作を行えば画面を

左右上下回転することが出来ます。

操作方法は、

「ctrl」+「Alt」を押したまま「←(矢印)」を押すだけで、回転することができます。

 

経験がないと、回転?と思われると思いますので、今回は

動画を撮影しました。

 

ワードやエクセルで毎日業務を行っている方は、コピーペースト(例えばCtrl+Cなど)

を多用すると思いますし、動画のような指のポジションでほとんど入力すると思うのです。

毎日キーボードを操作していると、誤って「同時押し」することはよくあるのです。

このお客様は、今回たまたまCtrlとAltを押したままカーソル操作を行ったと思われますが、

本人はもちろん押したつもりはないので「あれ?勝手に画面が回転した!」と

感じてしまいます。

 

このような似たようなトラブルは他にもあります。

例えば、

ノートパソコンの「無線スイッチ」を知らない間に「OFF」にしてしまい、

インターネットが繋がらなくなった。とか、

昔の富士通のノートパソコン限定ですが、主電源スイッチを「OFF」にしてしまい

電源が入らないというトラブルです。

 

この手のトラブルは、「手」の、母指球や小指球という部分でスイッチに触れてしまい、

こすってスイッチをスライドさせてしまうことが原因です。

 

今回は回転に関しては問題はなかったのですが、強制終了が原因で、OSが壊れてしまい、

修復が必要でしたので、修復の修理ということで承りました。

1日で直ったのでよかったです。