掃除しすぎて起動しなくなったお客様。

今日はお昼からはお店でお仕事です。

 

パソコンの内部をクリーニングしたら

起動しなくなりました・・とお客様がご来店くださいました。

 

拝見してみました。

ぴっかぴか!

6-7年前に購入したとは思えない綺麗さ。

新品同様の状態です。

 

ビデオカードやコネクタ部もこのとおり。

お客様にお伺いすると

いやーホコリが凄かったので気合を入れて掃除しました!との事。

 

お話をお伺いすると、エアー(空気)でホコリを吹き飛ばしたのではなく、

ブラシとウエスでふき取ったそうです。水もつかったとの事。

丁寧に掃除されており、とても綺麗です。

ですが、

パソコン内部掃除にブラシやウエスを使うのはダメです。

なぜならば、目に見えないくらいの綿くずが基板(マザーボード)

に残っているままの状態になり、ショートしてしまう可能性があります。

ブラシで軽くこすってもコンデンサを傷つける恐れもあります。

今回はブラシが悪さをしてしまったようです。

 

大げさに静電気に気を使うことはありませんが

断熱の手袋をはめてエアーで吹き飛ばすのが一番安全だと思います。

 

お客さまのPC。

ドスパラで購入したi5の自作PCだそうです。(右)

基板の交換が比較的容易(チップセットで)なので安価で修理が可能でした。

クリーニングは気をつけましょう。