富士通とLenovoのPC事業統合の進捗状況

2011年7月にNECのPC事業部とLenovoが統合してLenovo NECホールディングスが発足して

もう6年が過ぎました。

パソコンに限らず、この6年でどれだけ中国(企業)が大きくなったのか

皆さんご存知だと思います。

中国より日本のほうがコストが安いなどと言われ放題です。

たしかに2000年ころパソコンショップに来店される中国人は「こそこそ」していましたし、

小さなアパートに10人ほどで済んでいる中国人の住まいへPC修理で出張に行ったこともありました。

現在はどうでしょう?

 

これは今年の6月の発言です。

二合目・三合目の段階で破断することはない。とのことですが、

富士通が日本で勝るのは知名度くらいです。

ただ、この社長は過去、中国富士通の副総経理の経歴がありますので、

Lenovoというか中国の強さをご存知なはずです。

 

 

 

来年あたり富士通もLenovo傘下になっている事でしょう。

そして、5-6年後にはNECと富士通のPC事業部はLenovoにまとめて統合され、

日本の主流企業はLenovoに監視されることでしょう。

 

真面目にこのように書くと、本当に日本国が中国に統合されそうな

気持ちになります。

なぜなら現時点でも警察機関や国立病院、上場企業など、NEC製PCは

主要部署に大量に納品されています。

マルウェアが搭載されていれば情報は筒抜けなので、とても心配です。

 

個人に向けてLenovoPCを考えた場合は、

Lenovoはマルウェア騒動があり、お勧めできない点もありますが、

きれいごとをなくせば、ラインナップも揃っているし、安いし、手ごろだし、

ユーザーの欲しいところを正しく提供している優企業だと思います。

 

日本人としてはLenovoはお勧めしたくはありませんが、

パソコンの先生として考えるとLenovoのパソコンはお勧めなのです。

難しいところです。