動作(速度)が遅いのはパソコン、使用者どっちなのか

私も経営者なので、社長さんとお話しするときは「経営者目線」でアドバイスすることが

多いのです。

今日はそのことを書いてみたいと思います。

 

 

パソコンを買いたいんだけど、と、社長さんから直接私にご要望があるとします。

私はそのとき、現在利用しているパソコンと用途を確認しますが、そのことより

「従業員のみなさまのPCスキル」と「仕事の目的」を重視して確認します。

 

簡単に言うと、

 

パソコンの性能が高くても、従業員のみなさまのPCスキルが低いならパソコンを新しく

買い替えても仕事の効率は変わりません。

パソコンを買い替えようかな、と考える時間のほうが無駄です。

この場合は買い換える必要やグレードを上げる必要は「ない」と判断します。

 

Windows7だから遅くなって買い換えたほうがいいと思って、

これはよく言われます。

でも答えは従業員さんの入力や行動・処理速度が遅いなら

買い換える必要はないのです。

 

そんなん、従業員の能力なんて、わからん!と

仰せになると思いますが、

ひとつだけハッキリ判断できることがあります。

 

パソコンに問題がなく正常の状態なのに「調子が悪い・遅い」と利用者が感じるときです。

これは人間のほうがパソコンより処理速度が速いからです。

パソコンが人間に追いついていない。ということです。

具体的にはCorei3の8GB、SSDでWin7の64bit、VGAもいいとこのGeforceなど利用してて

異常がないのに遅いな?と感じるときです。

そのときはCPUをi7に換装してSSDをもっと高速な製品に交換するなどと、検討してもよいと

思います。※Windows7を10に買い替えても速くなりませんのでご注意を

 

パソコン本舗の仕事として、このように「いま利用しているPCは自社に合っているのか」という

当たり前だけど難しい判断を経営者目線でアドバイスすることもあります。

 

通常は、例えばクラウド環境やメール環境など導線でつなげるすべての業務は

いかなるときも従業員目線であることが望ましいと思いますが、それに見合う設置機器は

経営者が揃えなければいけません。

と、こういう話を今年に入って、5-6回しました。

記事を読んで、そうか!と思い見直していただけるといいかなと

思います。