ワープロの故障ベスト4

今年は熊日新聞にワープロの広告を掲載させて頂きました。

ワープロの記事をインターネット上で書いても、ユーザーさんは見ないかもしれませんが、同業者さんはお役に立つかもしれませんので、情報を書いておきたいと思います。

一番多かったのは、液晶の故障です。

DSTN(上下にスライドさせて表示を調整するタイプ)は変色して表面が波打った

症状になってしまいます。

IMG_0711

こんな感じ。液晶部品の入手は可能なので、依頼があったワープロは全て直しました。

2番めに多かったのは、フロッピーの故障です。

IMG_0715

ほどんどはフロッピーベルトが切れていることが原因でしたので、ベルトを付け直せば直ります。ベルトの長さにもよりますが、修理は可能です。

3番めは、印刷が出来ない。かすれるという症状です。

IMG_0713

現行のインクジェットプリンターと違い、ワープロの場合はメインボードが原因の故障が多く、ボード交換修理がほとんどでした。

 

最後4番目はキーボード不良です。

IMG_0712

ワープロの場合、キーボードの故障は珍しいのか、今回の広告では1件だけでした。

多くの場合、かな入力とローマ字入力の違いがわからないというトラブルが多いようでした。

 

熊本だけしかわかりませんが、メーカーは書院よりもパナソニックのスララが人気があるようで、同機種を何台も持っているお客様はスララユーザーが一番多かったようです。

 

個人的には、Windows10の次はぜひWindowsワープロの登場を期待したいところです。