パソコンの脳、CPU

起動しないとお困りのお客様がご来店くださいました。

診断してみると、珍しくCPUが壊れていました。

IMG 0084


CPUとは人間の脳の部分です。


2000年頃は絶対壊れないと思っていましたが、Core2以降のi3/i5/i7で

何度か壊れる症状がありました。

※昔はThunderbirdの焼き鳥が有名でしたね。


パソコンの脳、CPUが人間の脳に追いつくには、1秒あたり1000兆回の浮動小数点演算を

実行することが必要だそうです。


Intelは2018年頃には実現したいとしているそうですが、

まだまだ難しいんじゃないかな〜と思っています。


※現在人間が1秒考える事でも世界ランクトップクラスのスーパーコンピューターでも40分かかる。